SSちゃんぬる
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男「別にお前なんか好きでもなんでもないから」ツンデレ「…え…」
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:22:02.50 ID:dubwYL420

男「変な勘違いはやめてくれよな」

ツンデレ「な、…なによ!こ、こっちだって、アンタなんか願い下げよ!」

男「別に幼馴染っていってもただの腐れ縁だしな」

ツンデレ「…っ…」
ツンデレ「そ、そうよ!なによ!?何が言いたいのよ!?」

男「…」スタスタ

ツンデレ「…何よぉ…」

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:23:02.54 ID:4KZOH74i0

続けろ! 

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:24:02.84 ID:xHT0ctV00

続けろください

15:
寒いから携帯で:2011/12/31(土) 01:28:06.93 ID:9xqcu3pzO

女「あらぁ、男くんどうしたのかしら?」

男「な、何だよその猫なで声は」

女「わざわざ私が話してあげているのよ?光栄に思いなさい」

男「へ…へへぇ。…で、何の用?」

女「あら、アナタも無粋なこと聞くのね。今日は私と一緒に帰らない?」

男「いいんですか!?」

女「下僕へのご褒美よ」ニヤ


ツンデレ「……」


 

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:30:50.53 ID:9xqcu3pzO

ツンデレ「…ねぇ、アンタ」

男「なんだよ」

ツンデレ「よっぽどあの女がお気に入りみたいねっ」

男「あぁ、あのSっ気がたまらん」

ツンデレ「な…っ…」
ツンデレ「ふ、ふん!アンタみたいなのにはあの高飛車女がお似合いよ!」

男「女さんを悪くいうなよ!!」バンッ

ツンデレ「ひっ…」



21:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:33:41.96 ID:9xqcu3pzO

男「なんだよお前は!」

ツンデレ「…な、なによぉ!アンタが悪いのよ!」

男「いや、お前が悪いね」

ツンデレ「私の、気持ち…ちっとも知らないくせに…!」

女「あらあら、何の騒ぎよ?」

男「女さん!」



23:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:37:18.15 ID:9xqcu3pzO

女「ふふ、そうよねぇ。男くんと貴女は幼馴染ですもの。仲は良くて当然よねぇ」ニヤニヤ

男(めっちゃニヤニヤしとるでぇ…)

ツンデレ「な、別に私とコイツはそん…」
男「えー!!コイツは本当に腐れ縁!本当に!うん、恋愛対象なわけないだろ」

ツンデレ「…!!」
ツンデレ「バカ…バカァアア……!!」ダッ

女「あらあら」



25:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:43:14.18 ID:9xqcu3pzO

自宅
ピンポーン
男「はーい」ガチャ
ツンデレ「……これ」
男「お、肉じゃがだ」
ツンデレ「つ、…つ、作りすぎただけだから…仕方なく…アンタに…」
男「…これをもらうのはあまりにお前が惨めだから、てことだからな」
ツンデレ「え…」
男「別にお前が作ったから美味そうとか全然思ってないしな」
ツンデレ「…なによ…人がせっかく…!」



27: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2011/12/31(土) 01:45:02.03 ID:Ivea8P8j0

両方ツンデレかいいな



33:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:48:59.52 ID:9xqcu3pzO

ツンデレ「…ねぇ…」
男「なんだよ」

ツンデレ「女さんと、付き合ってるの…?」
男「いや」

ツンデレ「!」パァッ
ツンデレ「そ、そうよね!アンタなんか冴えないから…」
男「お前も彼氏いないよな、まぁお前は冴えないから出来ないだろうけど」

ツンデレ「っく…ぇぐっ…何よぉ…そこまで言うことないじゃないっ…!」



35:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:53:14.25 ID:9xqcu3pzO

ツンデレ「…ぐすっ…ひぐっ…もう、口効いてやんない!」

男「こっちもせいせいするさ」

ツンデレ「…っ!ひどいっ…!」ダッ

男「…」

男「…」

男(楽しい…Sの血が騒ぐ…)

男「おっと、俺は女さんにとってはMなんだよな…」



37:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:55:31.83 ID:9xqcu3pzO

女「男くん」

男「なに?」

女「私の手にキスしなさい」

男「ま、まさかの教室内で?」

女「教室内だからよ」

男「…」チュッ

女「あら♪」


ツンデレ「……!」



39:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 01:59:13.05 ID:9xqcu3pzO

ツンデレ「……」

ツンデレ(いいや、アイツから話しかけてくるまで許してやんない!)ブンブンッ

男「アハハ-モットフンデクダサーイ」
女「仕方ないわねぇ。ほら、何か言うことは?」ギュムギュム

男「アアンッ…アリガトウゴザイマ-ス」


ツンデレ「……バカ…」



46:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:06:58.64 ID:9xqcu3pzO

ツンデレ「そ、そろそろ許してあげるわ!私も優しいから」
男「…」スタスタ

ツンデレ「ね、ねぇ!私が許してあげるって言ってんのよ!」グイッ
男「無視解除か、お前が話しかけたから応答してるだけだからな。こっちはあと半年、10年口効かなくても大丈夫だったんだ」

ツンデレ(…私のこと、そんなに気にもとめてないんだ…。口を効かなくても大丈夫な程度の扱いなんだ…)ジワ



50:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:12:08.11 ID:9xqcu3pzO

ツンデレ「…ねぇ…」

男「なんだ」

ツンデレ「私たち、もっと仲良くしてもいいんじゃないかな…小さかった頃みたいに、いつも一緒で、それで…」

男「あれはまだ子どもだったからな。あれはノーカン、ノーカンだ。腐れ縁だし」

ツンデレ「…バカァ!!なによ!なによなによなによぉっ!!」



52:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:14:12.12 ID:9xqcu3pzO

ツンデレ「…ひっく…なによぉ…」

ツンデレ「私、何か嫌われることしたのかなぁ…?なんでなのかなぁ…?」

ツンデレ「そうだ…アイツの役に立つことをすれば、きっと…きっと…」



59:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:19:52.06 ID:9xqcu3pzO

ツンデレ「男ー!」

男「なんだよ」

ツンデレ「あ、朝…、弁当のおかずが余って、寄せ集めだけど…アンタの…」
ツンデレ「か、勘違いしないでよね!別に…」

男「勘違いするなよ。別にお前の弁当だからと言って受け取るわけじゃない。貰えるものは貰うというドケチ根性に基づくものだ」


ツンデレ「…そ、そっか…そうよね…」

男「…」ゾクゾク



61:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:23:00.83 ID:9xqcu3pzO

女「退屈ね…」

男「そっか」

女「ね、破裂してみてくれないかしら」

男「そ、それは…」

女「そう、じゃあご褒美は抜きよ」
女「してくれたら…たっぷりかわいがってあ♪げ♪る♪」

男「」パァ-ンッ



66:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:25:01.81 ID:9xqcu3pzO

バトンタッチだ兄弟



67:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:26:30.05 ID:0N11FYTN0

うらぎったなあああああああああああああ


75:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:48:37.22 ID:tMFWdxPH0

男「はっ!?」

ツンデレ「きゃっ!な、何!?」

男「あ、あれ?ここは…屋上?」

ツンデレ「ど、どうしたのよ…?」

男「いや…なんか破裂する夢を見た…」

ツンデレ「は、はぁ?」


76:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:55:49.97 ID:tMFWdxPH0

男「なんかSな女の子が居て…」

ツンデレ「Sな?」

男「そうそう。それで…うーん、よく覚えてないなぁ」

ツンデレ「そ、そう…」

男「ところでさ…なんでお前……」

ツンデレ「う、うん!」

男「膝枕してんの?」


77:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:56:29.04 ID:0N11FYTN0

ほう


79:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 02:59:40.70 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「な、なによ!文句あるの!?」

男「いや、別にないけど…」

ツンデレ「じゃ、じゃあこのままでもいいでしょ?」

男「ダメ」

ツンデレ「え……」


82:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:04:36.72 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「な、なんでよぅ…」

男「だってもうすぐ授業始まるし」

ツンデレ「…じゃ、じゃあもうやめてあげるわよ!」

男「あ、いや、ちょいまち」

ツンデレ「なによいまさら…」

男「もうちょっとだけなら、このままでもいいよ」


84:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:08:43.49 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「…え?」

ツンデレ「…ま、まぁ、アンタがそう言うんならいいわよ!うん、アンタが言うなら…」

男「………」

男「素直じゃないなぁ」ボソッ

ツンデレ「何か言った?」

男「別に」


86:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:12:04.14 ID:tMFWdxPH0

男「うーん。気持ちいい」

ツンデレ「ひぇっ!?」

男「なんて声を出してるんだ」

ツンデレ「あ、アンタこそ何言ってるのよ!」

男「俺は思ったことをそのまま述べただけだけども」

ツンデレ「うっ……ふ、ふん…」

男「顔真っ赤だぞ」

ツンデレ「あ、赤くないっ!」


87:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:18:43.34 ID:tMFWdxPH0

男「……授業始まっちゃったな」

ツンデレ「アンタのせいで評定下がっちゃうわ。どうしてくれるのよ」

男「なら俺なんて気にしないで授業出ればよかったのに」

ツンデレ「う、うるさい…」

男「まぁ、俺はお前に膝枕してもらったってだけでも、サボった価値はあったと思ってるけど」

ツンデレ「ひ、ひぇ?」

男「またそれか」

ツンデレ「うぅ…な、なんでそういうことはっきり言えるのよ!」

男「知りたい?」


89:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:23:44.14 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「べ、別に!」

男「ふーん。それじゃあ俺の好きな人の話でもしようかな」

ツンデレ「……え?」

男「どうした?」

ツンデレ「好きな人……いるの…?」

男「おう。いるとも」

ツンデレ「そ、そうなんだ……」

男「お前も聞いてくれる?」


92:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:28:38.93 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「……うん」

男「そうか。さて…どこから話したものかな」

男「じゃあ、まずは出会いから話していこうか」

男「その人と出会ったのは幼稚園の頃だった」

男「その人は俺が苦労して建てた積み木のお城を崩してくれやがってさ」

男「それで取っ組み合いの喧嘩に発展してな」


93:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:31:50.64 ID:tMFWdxPH0

男「先生がとんできて二人ともこっぴどく怒られたもんだ」

男「互いに謝りっこしなさいって言われて、俺は渋々ながら謝った」

男「それ以来、俺はその人に度々ちょっかいを出すようになったんだよなぁ」

ツンデレ「………」

男「その頃はまだ互いに仲も悪い感じだった」

男「関係は変わらないまま、小学校に上がった」


95:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:35:18.17 ID:tMFWdxPH0

男「俺は小学生になってからもその人にいたずらしまくった」

男「もちろんその人はその度に俺にやり返してきた」

男「だが五年生になったころ、友達にその人のことについてからかわれて」

男「その人のことをあまり構わなくなった」


99:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:40:48.96 ID:tMFWdxPH0

男「仕方ないよなぁ。小学生だもん」

男「でも、その人はまだ俺に構ってきた」

男「笑ってたかな?まるで俺と遊ぶのが楽しいって顔だった」

男「当時はそんなことにも気付かずにその人に酷いことを言ってしまった」

男「ブスだとか、話しかけんじゃねーよだとか」


100:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:43:59.56 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「……うん」

男「その人は悲しそうな顔をしていたような気がする」

男「今となっては確かめようもないけど」

男「その人は何も言わずにただ一言」

男「ごめんね」

男「それだけ言って走り去ってしまった」

男「俺は内心やっちまったという気持ちもあったが、すぐにその感情は消えうせた」


101:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:49:25.84 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「………」

男「小学校ではそれ以来その人と話さなかった」

男「中学に上がり、俺は驚いた」

男「その人と同じクラスだったんだよ」

男「あの頃はもう頭もすっかり冷え、俺は謝ろうと思っていた」

男「それに、あの頃からすでにもう、その人のことを特別に思っていたのかもしれない」

男「俺はとにかく、また小学生の頃のように一緒に遊べる仲に戻りたかった」


104:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:51:31.76 ID:tMFWdxPH0

男「それで謝った」

男「あのときはごめん、と」

男「その人はあっさり許してくれた」

男「それからまた、前のような関係に戻れたんだ」

男「だが、異変が起きはじめたのはこの頃でな」


106:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:54:54.75 ID:tMFWdxPH0

男「中3になり、高校受験を考える時期」

男「その人は急に俺にそっけなくなった」

男「どこの高校に行くのと聞いても教えてくれなくてさ」

男「俺が話しかけると時間がないから早くしてだの」

男「あぁ、嫌われちゃったかと思って泣いたのは内緒な」

男「それで、俺とその人の関係は終わりになると思った」


107:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:56:35.98 ID:XRYjahhf0

なんか胸がキュンキュンする


110:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 03:59:57.01 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「……泣いたって…言っちゃってるじゃない…」

男「そこにツッコむかね。まぁいいや、続けるよ」

男「終わりになるかと思ったけど、その人から話しかけてくれることもたくさんあってな」

男「俺は困惑した。なんだコイツとも思った」

男「だが、嫌われてはいないと思えて嬉しかった」

男「思春期の男子はな、好きな人からされたことなら些細なことでも喜んじゃうアホな生き物だから」


112:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:06:49.27 ID:tMFWdxPH0

男「ある日、俺はその人に進学先を聞かれた」

男「俺が行こうとしていた学校は、いわゆる普通校」

男「底辺でもなければ進学校でもない。ふっつうの高校」

男「対してその人は成績がすごく良くて、この辺じゃトップの高校にも楽々合格できるとも言われていた程だ」

男「進学先を聞いたその人は、アンタにはお似合いね。なんて失礼なことをぬかしやがった」


114:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:11:59.94 ID:tMFWdxPH0

男「だから俺はてっきり、その人は進学校に通うもんだと思っていた」

男「そして俺は無事受験を終え、合格した」

男「今思えばなんで気付かなかったんだろうな」

男「その人も俺と同じところを受けていたんだよ」

男「入学式では驚きのあまり椅子から転げ落ちるかと思った」


116:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:16:19.78 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「………」

男「驚きもしたけど、それ以上に嬉しかった」

男「中学じゃ結局告白できなかったけど、高校も同じならまだチャンスはあることに」

男「好きな人とまた同じ学校に通えることに」

男「それからもその人はちょいちょい俺につっかかってくる」


118:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:22:29.54 ID:tMFWdxPH0

男「今までと変わらずに、相変わらず憎まれ口をたたきつつも俺に構ってくる」

男「なんか最近はお弁当まで作ってくれるし」

男「もうなんなんだって感じだ」

男「好きになっちまうじゃねぇか。元々好きだったのに、さらに好きになっちまうじゃねぇか」

男「いい加減、素直になってくれよ」

男「……なぁ、お前もそう思わないか?」

ツンデレ「………」

ツンデレ「……うん」ポロポロ


121:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:25:01.33 ID:tMFWdxPH0

男「俺はずっと昔からお前のことが好きだったんだ」

ツンデレ「…うん」ポロポロ

男「でもお前はなかなか素直になってくれねぇ」

ツンデレ「…うん」ポロポロ

男「……俺は言ったぞ。お前は正直に言ってくれないのか?」


122:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:28:10.88 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「……グスッ…ごめん」

ツンデレ「ごめん…なさい……」

ツンデレ「わ、私も……」

男「………」

ツンデレ「私も……男のことが……好きでした」

ツンデレ「ずっとずっと……昔から…好きでした」


126:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:31:25.91 ID:tMFWdxPH0

男「……ありがとう」

ツンデレ「……グスッ…ごめんなさい」

男「なんで謝るのさ」

ツンデレ「今まで…素直に……なれなくて」

男「別にいいよ……そういうところも好きだし」

ツンデレ「……ありがと」


128:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:33:34.85 ID:tMFWdxPH0

男「これからはどうするんだ」

ツンデレ「これから?」

男「これからも恥ずかしいときは本心を隠しちゃうのか?」

ツンデレ「な、なるべく素直になれるように頑張ります…」

男「そうか。頑張れよ」ナデナデ

ツンデレ「ひぇっ!?」


131:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:36:30.44 ID:tMFWdxPH0

男「なんだよ。撫でただけだぞ」

ツンデレ「わ、分かってるけど……」

男「やーい顔真っ赤になってやんのー」

ツンデレ「う、うるさい!」

男「可愛い」ナデナデ

ツンデレ「か!?かかかかかかわかわ……」

男「耳まで真っ赤なのにすごいニヤけてる」

ツンデレ「だ、だって…嬉しい…」


132:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:39:03.23 ID:tMFWdxPH0

男「そうか。じゃあそろそろ立ち上がりたいんだけど」

ツンデレ「へっ!?あっ!そ、そうだった、ごめん…」

男「よっこいしょういちっと」

ツンデレ「…オヤジくさい」

男「オヤジくさい俺は嫌いか?」

ツンデレ「……いじわる」

男「ごめんごめん」


134:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:43:55.02 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「男、ありがとね」

男「なんだい薮から棒に」

ツンデレ「素直になれない私のこと、好きでいてくれて…」

男「……あ、あぁ」

ツンデレ「あー照れてる」

男「う、うるさい!」

ツンデレ「今までの私ってこんな感じだったのね」

男「なんだよもう…」


136:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:49:32.10 ID:tMFWdxPH0

ツンデレ「ねぇ男?」

男「うん?」

ツンデレ「これからも、多分素直になれないときがあると思うけど」

ツンデレ「それでも頑張って正直になるから、よろしくね?」

男「……当たり前」

男「俺のほうこそ、多分素直になれないときがあるだろうけど…」

男「そのときは笑って許してくれよ?」

ツンデレ「当たり前!」


139:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:52:31.59 ID:tMFWdxPH0

男「じゃあ行くか。大遅刻だけれども」

ツンデレ「うん!早くいこー!ほらほら!」

男「…なんかキャラ変わってる?」

ツンデレ「男のせいだよー!えへへー」

男「……これも悪くないな」

ツンデレ「んー?なにー?」

男「なんでもなーい」


140:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 04:52:52.38 ID:tMFWdxPH0

お♪し♪ま♪い♪

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。