SSちゃんぬる
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男「人妻になった幼馴染とデートすることになった…」
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:15:13.02 ID:ff6y6zrX0
~~~~~~~~~~~~~

男『幼ー、早く学校行くぞー』

幼『待ってよ、男君!』

男『置いてっちまうぞ』

幼『待ってって…きゃあ』ドサ

?『大丈夫?』
 



 
4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:17:45.50 ID:ff6y6zrX0
?『立てるかい?』

幼『は、はい…』ポケー

~~~~~~~~~~~~~




男「!!!」ガバ!
「またあの夢か…」
「…もうこんな時間か…仕事行かないとな…」
 





6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:20:08.78 ID:ff6y6zrX0
男「おはようござまーす…」ボリボリ

女「おはよう、男!」

男「おはよーございます… 相変わらず元気ですね」

女「私は男と違って朝には強いからな」

男「ああ、そうすか…」
(はぁ… しかしいつにも増してリアルな夢だった…)
 





8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:23:17.11 ID:ff6y6zrX0
男「先輩、今度の取引先のこと何スけど」

女「ああ、例の」

男「何で俺も商談に行くことになってるんすか?」

女「君がいると心強いからな」
「私からお願いしたんだ」

男「はぁ… そうですかね?」

女「私が言うから間違いない」
 





9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:25:46.82 ID:ff6y6zrX0
男「お疲れ様です」

女「お疲れ様」

男「あれ、先輩帰らないんですか?」

女「仕事が残っててな」
「もう一時間ほどかかる」

男「……半分いいッスよ」

女「ん?」

男「半分手伝いますよ」

女「いや、しかし…」
 





10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:27:48.20 ID:ff6y6zrX0
男「したら、飲み行きましょう今日は」

女「…すまんな」



男「うっぷ… 飲み過ぎた…」
「先輩、着きましたよ…」

女「…ベッドまで連れてって…」

男「おいおい…」
 





11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:30:37.06 ID:ff6y6zrX0
男「はぁ… 大変だった…」
「寝よう…」



~~~~~~~~~~~~~

幼『あ、あの、ありがとうございます』

?『いやいや、当然のことだよ』

幼『え、えと…お名前は…』

?『ああ、僕は先輩だよ、2年の』

幼『先輩…』

男『幼ー、大丈夫かー?』
 





12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:32:05.33 ID:ff6y6zrX0
男『ええと、どちらさま?』

幼『2年生の先輩だよ』

先輩『どうも』ニコ

幼『…』ポケー

~~~~~~~~~~~~~





14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:35:05.13 ID:ff6y6zrX0
男「…!」ガバ
「またか…」
「何なんだよいったい…」



女「先日はすまなかった」

男「いいんですよ、女先輩が酒に弱いの知ってますし」

女「君には頭が上がらないな…」

男「それより、今日は商談ですよ? 気を引き締めて行きましょう」
 





17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:39:03.18 ID:ff6y6zrX0
女「どうも女です、今日はよろしくお願いします」

男「男です、よろしくお願いします」

相手「よろしくお願いします」

──────

女「でありまして…」ウンタラカンタラ

男(さすがに仕事はできるなこの人…)

相手「少し休憩にしますか、おい君お茶を入れてくれ」


?「…失礼します」コト
 





18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:40:50.06 ID:ff6y6zrX0
?「よろしければ、お茶菓子もあるので…」ジ…

男「…?」

女「ん?」

相手「?? どうかされましたか?」
 





19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:42:18.01 ID:ff6y6zrX0
男「…??」

女(…おい)ゲシ

男「あ、いえ…何でもありません」
(何だったんだ?)

?「…」
 





20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:45:51.90 ID:ff6y6zrX0
相手「では今日はこの辺にしますか」
「詳しい話はまた後日」

女「ええ、よろしくお願いします」
「いくぞ、男君」

男「はい」スタ
(…はぁ疲れた…)ポロ

?「…!」


女「よし、何とかなりそうだな」

男「そうッスね」
「手ごたえはありましたね」
 





21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:48:48.20 ID:ff6y6zrX0
女「会社に連絡を入れとくから先に行っててくれ」

男「了解っす」

─────

男「先輩も大変だな…」テコテコ
「…ん? そう言えば携帯…」
「あれ…? 無い…」
「ヤバいな…おいてきちゃったか…?」
 





24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:52:45.45 ID:ff6y6zrX0
男(そう言えば…学生の時もこんなことあったな…)


~~~~~~~~~~~~~

男『あれ…携帯どこいった?』

幼『どうしたの男君?』

男『いや、携帯がね…』
『ちょっと探してくる』
『すぐ戻るよ』

幼『うん』
 





27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 00:57:35.37 ID:ff6y6zrX0
男『…教室以外は考えられない…』ゴソゴソ
『お、あったあった』
『幼待たせちまったな… ここからだったら聞こえるな』ガラ…

~~~~~~~~~~~~~

男「それで……」
「…いかんいかん、詰まらないことは思い出さないようにしよう」

────

男「すみません、忘れ物をしてしまったみたいで、すみませんが探してもいいですか?」

受付「ええどうぞ」
 





29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:00:27.06 ID:ff6y6zrX0
男「ええと…この部屋だったよな…」
「失礼します、忘れ物があると思うのですが…」

?「…これですか?」ス

男「あ、その携帯です」

?「…相変わらずだね、男君」

男「え?」
 





30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:02:20.98 ID:ff6y6zrX0
~~~~~~~~~~~~~

男『おーい、おさ…』
『!!』


幼『…』

先輩『…』


男『…なんだよあれ…どういうことだよ…?』 

~~~~~~~~~~~~~





31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:06:26.73 ID:ff6y6zrX0
男「え?え?」

?「もう、私だよ…幼」

男「お、幼? …なの?」

幼「うん」
 





32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:06:30.74 ID:Zh9pHzm00
なんだろう…壁殴りたい… 




33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:07:27.81 ID:8Cm+M5IP0
もう無理だ

俺のメンタルじゃ、これ以上耐えられない
 





34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:09:18.61 ID:ff6y6zrX0
男「えと…その…」

幼「…」

男「あの…」ピロピロピロ
「あ、やべ…女先輩からだ… ごめんまた今度」

幼「あ、待って、これ…」ス

男「?」

幼「時間があったら連絡して」
 





36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:12:16.84 ID:ff6y6zrX0
~~~~~~~~~~~~~

男『あのさ…』

幼『ん?』

男『い、いや… なんでもねえ』

幼『男君、携帯はあった?』

男『あ、ああ…あったよ』 

~~~~~~~~~~~~~





40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:15:43.92 ID:ff6y6zrX0
男「…携帯の番号だよなこれ」ヒラヒラ
「…でもあいつ」


~~~~~~~~~~~~~

幼『私ね…私…』

~~~~~~~~~~~~~


男「もう寝るか…」
 





41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:16:21.51 ID:W3af2W6A0
別に幼馴染とくっかなけりゃなんの問題もないんや! 




42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:19:06.13 ID:ff6y6zrX0
~~~~~~~~~~~~~

男『俺…今まで言えなかったけど!』

幼『…待って』

男『…!』

幼『言っちゃダメ…その先は言わないで…』

男『…』 

~~~~~~~~~~~~~





43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:22:09.52 ID:ff6y6zrX0
男「…」
「くそっ…何なんだよいったい…」
「もう5年くらい前の話だろ…」

────

男「おはようございます…」ダルダル…

女「おはよう男! どうした朝から元気の無いやつだ」

男「…放っといてください…」

女「…? どうした? 悩みがあるのか?」
 





44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:23:55.33 ID:ff6y6zrX0
男「何でも無いです…」

女「…そうか、何かあったら相談してくれよ?」

男「ういっす…」
(いかんいかん…仕事にまで支障をきたしたらまずいな…)

女「…」
 





47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:26:53.63 ID:ff6y6zrX0
男「今日の商談ですけど、やっぱり俺も行かないと不味いですか?」

女「うむ、男君には来てもらいたい」

男「ですよねー…」

女「何か不満が?」

男「いえいえ、めっそうもない」
 





48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:27:33.75 ID:Zh9pHzm00
救いはありそうで安心してきた




50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:29:36.40 ID:ff6y6zrX0
女「でありまして、今後こういった…」ウンタラカンタラ

男「…」
(やっぱりいるよなそりゃあ…)

幼「…」ジー


女「といった方向でお願いします」
(…男君?)
 





52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:33:33.38 ID:ff6y6zrX0
幼「お茶が入りました」ニコ

男「…どうも」

女「…」ズズー

男「…」
(ん? お茶うけに紙が?)


相手「いやいや、それにしても女さんは美人ですなー、お茶がよく似合う」

女「ふふ、ありがとうございます」ニコ
 





53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:35:48.89 ID:ff6y6zrX0
~~~~~~~~~~~~~

男『先輩とさ…付き合ってるの?』

幼『…まだ付き合ってるわけじゃないの』

男『そうか…』

幼『でも、付き合おうって言ってくれてる…』

男『…』
 





54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:36:58.48 ID:ff6y6zrX0
幼『…』

男『あのさ』

幼『なに?』

男『もう、一緒に学校行くの止めないか?』
 





55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:37:05.49 ID:0kbzgPfl0
うわあああ 




57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:39:14.20 ID:ff6y6zrX0
男『幼も先輩の事好きなんだろ?』

幼『…』コクン

男『…なら俺がいちゃあいけない』

幼『でも…男君とはずっと友達でいたい…』

男『…』ズキ 

~~~~~~~~~~~~~





58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:42:56.45 ID:ff6y6zrX0
男「…色々あったな」
「…」

─────

幼「男君…ごめんね急に呼び出したりして」

男「女先輩を誤魔化すのが大変だっただけさ」フフ

幼「男君の上司の人だよね? 綺麗な人だね」
 





60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:45:59.25 ID:ff6y6zrX0
男「それで? どうしてまた呼んだの?」

幼「それといった用事があるわけじゃないの」アセアセ
「この前番号渡したでしょ? まだ連絡貰ってなかったから…」

男「そりゃあ…ね」

幼「まだ…怒ってる?」
 





61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:48:55.97 ID:ff6y6zrX0
~~~~~~~~~~~~~

男『じゃあ、さようなら…』

幼『…ばいばい男君、またあし…』
『…』

男『…』
『縁があればまた歩くこともあるさ』
『じゃあな』

幼『…うん』グス 

~~~~~~~~~~~~~





65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:51:15.71 ID:ff6y6zrX0
男「怒ってないさ」
「…ここだとなんだし、どっかコーヒーでも行かないか?」
「幼さえ、よければだけど」

幼「うん」

────

男(こうして一緒に歩くのは5年振り位か…)

幼「懐かしいね、男君」ニコ

男「あ、ああ…」ドキ
 





68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:55:09.81 ID:ff6y6zrX0
男「…」

幼「…」

男「先輩とはどうなんだ…? まだ仲良くやってるのか?」

幼「うん…最近はちょっとすれ違ってるけどね」

男「ふーん…」ジー

幼「フフ…」
 





66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:53:06.35 ID:nk9Hs1hyi
なんとも言えないSS 




67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:53:50.15 ID:BiR2Tffz0
ぜひとも苦いENDをお願いしたい 




69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 01:57:22.24 ID:ff6y6zrX0
男「?」

幼「男君、変わらないね」クスクス

男「どうして? 身長も体重も増えたぜ?」

幼「ふーん、って言ったあと人の顔をジーっと見る癖」

男「そんな癖あったか…?」
 





71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:00:22.06 ID:ff6y6zrX0
幼「あるよー」
「人の心配してる時は特にそう」フフ
「無関心ぽくしてるけど、すごく人のこと心配してる…」

男「そうかな?」

幼「自分に鈍感なところもね」
 





72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:02:57.36 ID:ff6y6zrX0
男「…会っておいて言うのもなんだけど」
「あんまりこういう感じで会わない方が良いんじゃないのか?」

幼「そう…だね…」シュン

男「…そんな顔するなよ」

幼「ごめん…」
 





74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:04:55.67 ID:ff6y6zrX0
幼「…」

男「…まぁ、相談する人がいないなら電話くらいには出るよ」ス

幼「…ありがとう、男君」

男「幼馴染のよしみってやつだ」
 





77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:06:52.11 ID:ff6y6zrX0
女「男君、遅いじゃないか!」

男「すんません、野暮用で」

女「今日は一緒に飲む約束だったのに…」

男「まぁまぁ、まだ時間はあるじゃないですか…」
「それに明日は休みですし」
 





81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:10:01.03 ID:ff6y6zrX0
男「…うっぷ、やっぱり気持ち悪い…」

女「男ー、まら飲むぞー」

男「…今日はもう帰りますよ…」

女「やだやだー! もっと男君と飲むのー!」
 





86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:13:04.78 ID:ff6y6zrX0
~~~~~~~~~~~~~

男『先輩、幼と付き合ってるんですか…?』

先輩『そういうことに、なるね』

男『なんすか、その他人事みたいな感じ』

先輩『いや、そういうつもりは無いんだ』
『君には悪いことをしたと思ってね…』

男『!』





88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:16:58.30 ID:ff6y6zrX0
男『あんたのそういう態度が気に入らねえ…』

先輩『ご、ごめん…』

男『何で謝ってんだよ…てめえ…』

~~~~~~~~~~~~~

男「あぁ…また嫌なこと思い出しちまった…」

女「男君ー、家まで送ってくれー」ヘロヘロ

男「またすか…」
 





92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:19:07.22 ID:ff6y6zrX0
女「…男君はー、可憐な感じの女の子がー、好きなんですかー?」

男「急にどうしたんですか先輩…?」

女「上司の質問には早く答えろー」ケラケラ

男「まぁ、そうかもしれないっすね」

女「そうなのかー…」
 





94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:21:42.90 ID:ff6y6zrX0
男「先輩鍵はどこですか…?」

女「鍵はなー、ここらー」スポ

男「!」
(何で胸の中に入れるんだよ)

女「どうしたー、早くとれー」ゲラゲラ
 





96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:23:34.58 ID:ff6y6zrX0
男「…自分で取ってくださいよ」

女「やらー…男君が取って? ね?」ジー

男「…!」ドキ
「…後で訴えるのは無しですよ」
 





98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:25:19.03 ID:ff6y6zrX0
男「…………」ムニムニ

女「…ん、ふ…」

男「…これか?」

女「あっ…ん… それは違うよ…男君」
 





99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:26:01.40 ID:HdnzYVr20
おい……おい……!!




いいじゃないか
 





100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:26:17.97 ID:ykeuoi0a0
さぁダンスの時間だ 




101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:27:19.45 ID:ff6y6zrX0
男「すっ、すんません!」
「…これか」チャリ

女「ベッドまで連れてって…男君」

男「…」ドキドキ

女「ね、早く…」
 





103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:30:07.74 ID:ff6y6zrX0
男「…よいしょ」バフ

女「…うーん」ムニャムニャ

男「…じゃあ、俺帰りますね」
「鍵はポストに入れておきます」

女「……帰っちゃうの…?」
 





106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:32:19.74 ID:ff6y6zrX0
男「! えっと…」アセアセ
「起きてたんですか…?」

女「うん…」

男「でも、まだ酔ってるみたいですし」

女「…ちょっとだけだよ?」
「……私じゃダメ?」
 





109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:33:09.63 ID:JAN1x3ur0
パンツの霊圧が消えたと・・・ 




110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:33:45.98 ID:90V4wf2T0
というかこの状態で幼馴染に気持ちがいく理由がない 




111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:34:22.10 ID:BiR2Tffz0
>>110
気持ちが入ってるわけじゃないんだよ
断れない人間は、ずるずるやっちまうんだよ
 





112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:36:06.07 ID:ff6y6zrX0
男「え…っと」

女「やっぱりあの女の子みたいじゃなきゃダメ…?」


~~~~~~~~~~~~~

幼『何で先輩の事殴ったの…?』

男『しらねえよ…』フン

幼『男君、そんなことする人じゃなかったのに…』

男『関係ないだろ、幼には!』

幼『…!』ビクン
『ごめん…なさい…』 

~~~~~~~~~~~~~





118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:40:23.19 ID:ff6y6zrX0
男「…そんなことないですよ」
「…女先輩も可愛いですよ」

女「…じゃあ、一緒に…ね?」

男「…一緒に寝るだけですよ?」
 





121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:42:46.69 ID:ff6y6zrX0
女「うん…!」ギュウ

男「…」ドキドキ

女「…」スゥスゥ

男(ここで手を出しちゃいかん…いかん…いかん…)

女「男君…」ムニャムニャ
 





124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:45:42.92 ID:ff6y6zrX0
男(結局よく眠れなかった…)

女「…ううん」

男「おはようございます、先輩」

女「…」
「…あれ?」

男「?」

女「どうして男君がここにいるんだ…?」
 





129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:48:05.28 ID:ff6y6zrX0
男「まさか…覚えてないんですか?」

女「何の事だ…?」

男「…必死に我慢したのに」

女「な、まさか私に変なことしたんじゃないだろうな!」

男「何とか持ちこたえましたよ」
 





130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:51:20.49 ID:ff6y6zrX0
女「…そうか」シュン

男「朝飯作っておいたので」

女「あ、ありがとう」

男「今日は天気も良いですし、飯食ったらどっか行きませんか?」

女「それは良い案だ」
 





131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:52:36.99 ID:BiR2Tffz0
>>130
微笑ましくてニヤニヤする
 





133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:54:13.01 ID:ff6y6zrX0
男「女先輩、映画とか観ません?」

女「映画か…悪くないな」
「じゃあ、散歩がてら借りに行くか」

男「あ、そっちでしたか」

女「? ん?」

男「映画館のつもりでしたけど、それも良いですね」
 





135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 02:57:23.23 ID:ff6y6zrX0
男(暖かくなってきたな…)

女「久しぶりだよこうして誰かと散歩するなんて…」

男「そうなんですか? 意外だな…」

女(う… 中学生以来付き合って無いとは言えない…)

女「そういう男君はどうなんだ?」

男「俺ですか?」
 





136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 03:01:12.02 ID:ff6y6zrX0
~~~~~~~~~~~~~

幼『先輩、今日はお弁当作ってきたんですよ?』テクテク

先輩『本当? 幼ちゃんのお弁当楽しみだな~』テクテク

幼『先輩が好きだって言ってたのたくさん入れました』ニコ
『あ、でも野菜もたくさん入ってますからね』

先輩『ええ、そりゃあ大変かも…』テクテク



男『…………』 

~~~~~~~~~~~~~





183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 07:40:17.22 ID:ff6y6zrX0
男「…俺も久しぶりです」

女「そうか」
(ちょっと嬉しいかも)


男「女先輩はどんなの観たいですか?」

女「うーん、やっぱりSFだろ」

男(SFか… あいつだったら純愛ものだろうな)

女「男君? どうした?」
 





184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 07:44:39.21 ID:ff6y6zrX0
男「いえいえ、なんでも」

女「最近ぼけっとし過ぎだぞ?」

男「…あまりにも女先輩が可愛いかったもので」シレ

女「え? …それは本当か?」
 





188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 07:57:05.79 ID:76rqobySO
ひゃっほい! 




187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 07:52:09.29 ID:ff6y6zrX0
男「何か買って帰りましょう」

女「ビールが良いな、ビール」

男「昼間から酒ですか?」
「太っても知りませんよ?」

女「う、うるさい…!」

男「一本だけですよ、全く…」

女「わーい!」
 





189 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 07:57:17.23 ID:ff6y6zrX0
女「ふんふーん♪」

男(こういうのも悪くないな… 美人の先輩と休日を一緒に…)

女「…そう言えば最近パスタを食べてないんだが」

男「へ?」

女「宿代はそれでもいいぞ?」
 





191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:04:37.77 ID:ff6y6zrX0
男「仕方ないっすね…」

女「うむ、それでこそ私の部下だ」

─────

男「先輩食えないものとか無いですよね?」

女「…生玉ねぎはダメだ」

男「なら大丈夫ですね」
「あんまり自信ないですけど、パスタとサラダです」コト

女「お! 美味そうだな」
 





192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:04:48.47 ID:6wEgu11k0
女先輩可愛すぎだろ 




193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:07:38.74 ID:ff6y6zrX0
映画鑑賞中

女「…」グビグビ

男「…」
(これはB級以下だな… 眠い)ウツラウツラ

女「…」グビグビグビ

男「…」ウツラウツラ
 





194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:11:17.80 ID:ff6y6zrX0
男「…ふぁぁ」
「もう映画終わりました?」

女「おわっらよ~」ギュウ

男「う、酒臭い…」
「…何本開けたんですか?」

女「5本だよー」
「男君寝ちゃうんだもん… ちゃんとベッドに寝ないとダメですよー?」
 





195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:13:20.78 ID:ff6y6zrX0
女「ベッドはこっちでーす」グイ

男「ちょっと、先輩?」

女「一緒に寝よう? 男君…」ギュウ

男「またですか…」

女「おやすみのチュー」

男「んむ!?」
 





197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:18:22.09 ID:ff6y6zrX0
女「んむ…ちゅむ…」

男「………」
(ああ…理性が…)

女「ちゅ…ちゅ…」
「男君…」

男「は、はい…」ゴクリ

女「おやすみ…」パタン

男「またかい…」

女「…」スースー

男「…でも、いいか」フフ
 





198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:24:50.40 ID:ff6y6zrX0
男「…」グビグビ
「…!」ピロピロピロ
「メール?」

幼【男君、今から時間あるかな? 会わない?】

男「…夜には起きそうだな」チラ
「…」カチカチカチ
【7時位までなら、構わないけど。】

幼【うれしい。 じゃあこの前のカフェで待ってるね。】

男「先輩、夕飯の買い物に行ってきますね」

女「うーん、男君」ムニャムニャ
 





201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:30:03.96 ID:ff6y6zrX0
男「どうも」

幼「男君、来てくれてありがとう」

男「買い物のついで、にね」

幼「ふふ、相変わらず」

男「それで? 喧嘩でもしたの?」
 





202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:36:01.36 ID:ff6y6zrX0
幼「うん…ちょっとね」

男「…話すだけでも楽に楽になるんじゃない?」

幼「…夫がね…」

────

男「ふーん」ジー

幼「…男君にはずっとお世話になってるね…」フフ
 





203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:39:21.89 ID:ff6y6zrX0
男「…」

幼「男君、今付き合ってる人っているの…?」

男(…)
「別にいないけど?」

幼「嘘つくの下手だね」

男「別に付き合ってねえよ」
「あ…」

幼「じゃあ、好きな人がいるんだ?」

男「まぁな」
 





209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 08:55:05.30 ID:ff6y6zrX0
男「少しガサツだけど、良い人だよ」

幼「ふーん、どんな人だろう…」

男「幼も知ってるよ…」

幼「もしかして、この前の女の人?」

男「ああ」
 





211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:00:07.04 ID:ff6y6zrX0
男「そろそろ行くよ」
「…じゃあ、さようなら」

幼「…もう会えないの?」

男「?」

幼「あの時も同じ台詞だった…」

男「……じゃあ会計はしておくから」

幼「…」
 





212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:01:10.37 ID:3tM53h4L0
未練たらたらだな
自分からふっておいて
 





214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:09:22.90 ID:ff6y6zrX0
男「…パスタだったから、夜は和食にするか」
「肉じゃがとお浸しにでもするか…」


男「先輩、入りますよー」ガチャ

女「…」スースー

男「まだ寝てるのか…」
「さてと」
 





216 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:16:54.48 ID:ff6y6zrX0
男「…」トントン
「…」クツクツ

女「男君…?」ムニャムニャ

男「すぐに飯できるんで」

女「…良い匂い」
 





218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:22:10.11 ID:ff6y6zrX0
女「寝てる間に買ってきたのか?」

男「ええ、どうですか? 味は?」

女「美味しいよ」

男「良かったです」


女「今日は楽しかったたくさんごちそうになったしな」

男「いえいえ、またデートしましょう」

女「…」クイ
 





221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:25:09.95 ID:ff6y6zrX0
女「その…今日は…泊っていかないか?」

男「ええと…それは…」

女「ダメか…?」

男「でも、それって…」

女「これ以上言わないとダメ…?」
 





224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:29:24.84 ID:ff6y6zrX0
男「先輩がいいなら…」

女「うん…」

─────

男「…ふぅ」

女「…」ハァハァ

男「痛くありませんでした、先輩?」

女「うん、大丈夫…」
 





226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:30:26.11 ID:5rPJiR7s0
おい







おい
 





228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:32:15.59 ID:ff6y6zrX0
男「ビール、飲みません…?」

女「もう! もうちょっとこうしてたい…」ギュウ

男「…はい」ギュウ

女「ねえ、今日さ…」

男「?」

女「本当はどこに行ってたの?」
 





232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:37:10.50 ID:ff6y6zrX0
男「どこって…夕飯の買い物ですよ」フイ

女「嘘つくの下手…」

男「…夕飯の買い物は本当です」
「少しだけ人と会ってたんですよ」

女「そっか…」

男「聞かないんですか?」

女「うん…」

男「大丈夫ですよ、俺は先輩だけを見てますから」
 





234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:39:34.74 ID:ff6y6zrX0
男「もう寝ますか?」

女「まだ寝ない」

男「良いですか?」

女「もう…エッチ…」
 





238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:45:29.07 ID:ff6y6zrX0
翌朝

男「おはようございます」

女「おはよう」

男「コーヒーどうぞ」

女「ありがとう」
「今日で例の取引先とも最後だ、気を引き締めて頼むぞ男君」

男「分かってますって」
 





239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:46:02.11 ID:5rPJiR7s0
おい 




240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:47:50.75 ID:gv2gHWSe0
はよ 




244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:51:39.82 ID:ff6y6zrX0
女「ではこの形で提携で」

相手「ええ、今後ともよろしくお願いします」

男(さすがに仕事出来るな、女先輩は…)

幼「…」


男「これでひと段落ですね」

女「そうだな、明日から枕を高くして眠れる」ピロピロピロ
「………」
「すまない、先に会社に戻ることになった」
「このまま取引先と夕食に行ってくれないか?」

男「構いませんよ、じゃあ、また明日」
 





246 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:55:06.75 ID:ff6y6zrX0
男「すみません、女に急な仕事が出来まして」

相手「ああ、そうか… 私も仕事が入ってしまってね」

男「では、またの機会でどうでしょうか?」

相手「うーん、せっかくだから親睦を深めたいところなんだけど…」
「あ、幼君、ちょっといいかね?」

男「…」
 





250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 09:59:12.45 ID:ff6y6zrX0
幼「ごめんね、男君」

男「いや、仕事だから」

幼「一緒にご飯は浮気に入っちゃうかな?」

男「下心が無ければ問題ないだろ」

幼「そうだよね」
 





251 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:02:48.35 ID:ff6y6zrX0
幼「食事の前に買い物に行きたいんだけど良いかな?」

男「俺は構わないけど?」

幼「夫の誕生日近いの、それでね…」

男「ふーん…」
「一応プレゼントはするんだ?」

幼「うん…変かな?」

男「すまん、意地悪だった」
 





252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:04:00.50 ID:obnE5yMl0
あれっ?
デートだ…
 





256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:09:11.83 ID:ff6y6zrX0
幼「こうしてると、昔を思い出すね」

男「あったか? 買い物しに行ったことなんて」

幼「あったよ、男君忘れちゃった?」

男「…」



~~~~~~~~~~~~~

男『明日買い物に行こうぜ、幼』

幼『いいよ、何を買いに行くの?』

男『ほら、先生定年退職だろ』
『ムカつくジジイだったけど、ケンカして問題起こした時に庇ってくれたからな』ヘヘ

幼『そっか、やさしいね男君』
 





257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:13:48.80 ID:ff6y6zrX0
幼『ねえ、男君』

男『ん?』

幼『今度は私の買い物にも付き合ってね』

男『おう、いつでもオッケーだ』

~~~~~~~~~~~~~



男(結局その後は無かったな…)

幼「これ何てどうだろう?」

男「ネクタイか… それならこっちのガラの方が…」

幼「男君の趣味もそんなに変って無いね」

男「まぁ、そうかもな」
 





258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:15:48.59 ID:uJ9j8Hwe0
ケンカなんてしてたのか 




259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:16:25.42 ID:ff6y6zrX0
幼「やぱりこっちかな…」

男(なんだかんだで、今の夫が好きなんだろうな…)

幼「これとこれ、どっちが良い?」

男「断然左が良い」

幼「んん…じゃあ右だね」

男「なんだそりゃ…」
 





265 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:19:43.64 ID:ff6y6zrX0
男「飯はどうする?」
「一応経費で落とせるから、それなりに高くてもいいぞ?」

幼「うーん…何でもいいよ」

男「おいおい、何でもいいよが一番困るんだぜ?」

幼「じゃあ、静かなお店が良い、男君とゆっくり話せるところ」
 





275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:30:26.19 ID:ff6y6zrX0
男「そういえば時間大丈夫か?」

幼「うん、連絡入れたから」

男「そうか」

幼「夫ももう心配することなんて無いだろうし…」

男「ふーん」ジー

幼「もうすぐ…もうすぐね…別れるの、夫と」

男「…!」
 





279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:31:46.17 ID:FWOWehz30
キタか 




280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:32:49.32 ID:yiGhlINv0
男キープじゃねえかwwww 




281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:33:15.49 ID:sRaPwQp50
あかん…男から孝之臭がプンプンしやがる… 




282 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:33:28.99 ID:ff6y6zrX0
男「そうなんだ」

幼「夫が浮気しちゃってね… 私と一緒にいてもつまらないんだって…」ポロポロ

男「…」

幼「やっぱり重いのかな私…?」ポロポロ

男「そんなことないさ…」
 





289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:39:59.10 ID:ff6y6zrX0
幼「…」グスグス

男「…」ス

幼「…」グスグス

男「…泣くなよ」ナデナデ

幼「うん…」

男「世の中そんなもんだ」
 





294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:45:02.50 ID:ff6y6zrX0
男「…」ピロピロピロ
「メールか」

女【男君、今仕事が片付いたんだが、どこにいる?】

男「…」チラ

幼「…」ヒックヒック

男【今飯食ってるところです。】

女【私も向かうよ。】

男「…」
【今駅前の店にいるので、そこで】
 





299 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:51:55.25 ID:ff6y6zrX0
男「上司が来るんだけど、良いよな?」

幼「うん… 大丈夫… お手洗い行ってくるね…」グス

男「…」



~~~~~~~~~~~~~

男『おいおい、転んだくらいで泣くなよ』

幼『だって血が出てるんだもん』ヒックヒック

男『ほら、ばい菌が入るだろ』グイ

幼『うん…』グスグス

男『洗えば大丈夫だよ』ニコ

~~~~~~~~~~~~~



男「ガキの頃だったな、最後に泣いてたのは…」
 





300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:53:33.09 ID:wD9wcVQf0
ほろにがい 




301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:53:57.64 ID:cqTzyWSh0
苦いわ 




303 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:56:15.57 ID:ff6y6zrX0
女「すまんな、男君」

男「いえ、何か頼みます?」

女「ビール、といいたいところだが仕事中だから控えるよ」

男「偉いですね先輩」ナデナデ

女「ん… もう…」
 





304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 10:58:48.68 ID:ff6y6zrX0
女「そう言えば、先方は?」

男「今お手洗いに行ってます」

女「一人か?」

男「ええ、他の方は都合がつかなかったようで」

女「そうか」
 





305 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:01:03.88 ID:ff6y6zrX0
幼「ごめんね、男君」

男「いや」

女「…」

幼「あ、私お茶を入れてた者です、今日はうちのが来れなくて申し訳ありません」

女「あ、ああ…ええと男の上司の女です、遅れて申し訳ありませんでした」

幼「いえいえ」
 





307 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:04:28.43 ID:ff6y6zrX0
女「…」

男「…」

幼「…」

男「ええと…初対面じゃないよね?」アセアセ
 





309 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:12:14.05 ID:ff6y6zrX0
男(まずったかなこれは…)

女「男君、君はこの子を泣かせたのか…?」

幼「え?」

男「ん? そういうわけではないのですが…」
「結果的にというか、なんというか…」

女「うちの男が失礼なことをしてしまったようで、申し訳ありません!」
「ほら、謝れ!」ガン

男「いて!」

幼「そ、そんなことないです」
 





315 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:18:21.79 ID:ff6y6zrX0
幼「男君に悩みを聞いてもらってたんです…」

男「そうですよ…いてて」

女「そうなのか…すまないことをした」

幼「でも、大分落ち着きました」

女「うちの馬鹿でも役に立って嬉しいです」

男「ちょ、馬鹿って何スか!」ギャーギャー

幼「…フフ、仲良いんですね」
 





317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:20:56.47 ID:ff6y6zrX0
────

幼「ではそろそろ失礼しますね」

女「男君、彼女を送って差し上げて」

男「え…?」

女「君はか弱い女性を一人で送り出すのか?」

幼「だ、大丈夫です」

女「まぁまぁ、そう言わずに」

男「…」

幼「…」
 





318 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:23:11.21 ID:ff6y6zrX0
男「じゃあ、先輩も気を付けて」

女「うむ」
「…手を繋ぐ以上はダメだぞ?」ボソ

男「…」

女「じゃあ、また」

幼「素敵な人だね」
 





319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:23:14.81 ID:sf8o89IW0
女先輩大人ーーー





325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:29:54.02 ID:ff6y6zrX0
男「…」トボトボ

幼「…高校の時以来だね」

男「どうやら縁はまだあったみたいだな」

幼「そうだね」
「ねぇ、男君?」

男「ん?」
 





328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:34:17.13 ID:ff6y6zrX0
幼「公園に寄っていかない?」

男「ああ…」



~~~~~~~~~~~~~

男『やっぱり夏は花火だよなー!』

幼『そうだね、綺麗…』

男『あのさ…幼…』

幼『何?』

男『俺さ…俺……』

幼『うん…』ゴク

男『…ちょっとトイレ行ってくる!』

~~~~~~~~~~~~~



男(あの時告白してれば今は違ったのかもしれないな…)

幼「懐かしいね、二人で公園」
 





329 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:37:20.70 ID:ff6y6zrX0
男(ああ…ビール飲みたいな…)

幼「もう、戻れないんだよね… あの頃に」

男「…」

幼「男君は戻りたい?」

男「俺か… 少し戻りたいかもな…」
 





330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:38:13.54 ID:obnE5yMl0
戻りたくない戻りたくない 




331 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:38:54.17 ID:rDFr4ZYh0
女に向いてやってくれよぉ 




333 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:39:40.08 ID:ff6y6zrX0
男「夏に公園で花火したことあっただろ?」

幼「うん…」

男「俺、あの時幼に告白しようと思ってたんだ」

幼「…」

男「結局勇気が出なくてな」
「次にチャンスは来なかった」
 





339 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:43:04.04 ID:ff6y6zrX0
男「もし、あの時に戻れたら幼にきちんと告白するよ」
「お前が好きだ! ずっと一緒にいてくれ!ってね」

幼「…」

男「…なんてな、戻れないからその時が良く思える」
「今を良くしようって思えるだよな」

幼「…男君」
 





343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:47:30.94 ID:ff6y6zrX0
幼「男君…あのね…そのね…」
「私…私…男君が」

男「…待った」ピト

幼「…!」

男「…言っちゃ駄目だ…もう俺たちは戻れない」

幼「…うん」
 





344 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:48:16.42 ID:sf8o89IW0
男◁ 




348 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:51:00.87 ID:ff6y6zrX0
男「じゃあ、これで」
「次に会う時も友達だ」

幼「うん…」
「ねえ男君?」

男「ん?」

幼「…」チュ

男「!」

幼「ほっぺは浮気じゃないでしょ…?」

男「…浮気だよ」
「じゃあな」

幼「うん!」
 





351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:52:18.52 ID:Ol48jdlVO
…浮気だよ

かっけーっす男さん
 





352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:52:43.02 ID:WfZT4uXZP
これは不意打ちだ 




353 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:52:55.66 ID:qhpDFT5p0
こいつ調子よすぎ 




357 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:55:12.92 ID:bnPuJqUr0
男も幼と同じくらいダメなやつだな 




360 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 11:55:51.56 ID:ff6y6zrX0
男「あーあ…ビール飲みてえ」
「…」ピロピロピロ

女【ビール買ってきてくれ】

男「…へいへい今買ってきますよ」
【他に何か欲しいものありますか?】

女【帰ったら抱っこすること、気を付けて帰って来て】

男「…さぁ早く帰ろう、先輩のところに」


終わり
 





377 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/13(日) 12:00:34.99 ID:76rqobySO
綺麗に終わった感じだな

楽しかったよ


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。